レーザー加工機ドットコムBLOG

キーボードのキーキャップにマーキングしてみた(CHERRY MX)

皆様こんにちは!

厳しい寒さも峠を超え、少しずつ春の風を感じる様になりましたね。

さて、今回はUVレーザーを使いキーキャップにマーキングしてみました!


▲赤はあまり綺麗に発色しませんでした😅

キーボードのキーキャップは主にPBTと呼ばれる工業用プラスチック(業界ではエンプラと呼ばれることが多い)で作られることが多いです。

またキーボードは常に指でパチパチ叩かれていますので、表面印字の耐摩耗性は非常に重要なファクターとなります。

そこで印字に用いられる手段の一つとして「レーザーマーキング」があります。
(他にも昇華転写や2色成形等もポピュラーです)

皆様のキーボードもレーザーで印字されているかもしれません。

そしてなぜ今回はキーキャップなのかと言いますと、実は今自作キーボードが密かなブームなのです😆
秋葉原の専門店はとても賑わっていました!(行ったし買った)

昇華転写のように色数等を選ぶことはできませんが、
普通に使っていて摩耗で消えることは無いのがレーザーマーキングの嬉しいところですね!

ご興味のある方は是非ご相談ください!

******************************************************
株式会社LDF
LDF Corporation, Ltd.

😭「買い替えたいけど予算が・・・。」
😣「脱サラしてビジネスを始めてみたい!」
🤔「こんな加工はできるの?」
レーザー加工機・レーザーマーカー・レーザーカッターの事なら私達にお任せ下さい!
*******************************************************

関連記事

コメントは利用できません。