レーザー加工機ドットコムBLOG

laserbox体験記⑪「画板を作ってみた!」

こんにちは。絵本作家・イラストレーター・FDAプロデューサーのU-sukeです。
laserbox体験記第11弾ですが、今回は昔なつかしの「画板」を作りました!

先日、娘(小3)から「パパ、夏休みに公園で絵を描きたいから画板がほしいんだけど…」
と言われ、「よし、パパが作ってあげよう!」とつい軽く約束してしまったので、せっかくならと、laserboxで作ることにしました。

まず、データはadobe illustratorで作ります。
レイヤーで「彫刻」と「カット」を分けて制作。保存するときにはレイヤーを「カットだけ」「彫刻だけ」の2つのデータにして別々に保存します。
データの保存するときの拡張子はDXFです。(書き出し>DXFで保存)

そして、laserboxのソフトを開き、2つの「カット」と「彫刻」のDXFデータを別々に取り込んで、
「laserbox」のソフト上でデータを「カット」と「彫刻」を重ねて加工開始。

裏の彫刻部分。娘の名前を入れました。

画板の紙を止める金具クリップは、古くなって使ってなかった回覧板を分解して、板にレーザーで開けた穴にネジで止めました。
画板の周りに「四季」をイメージしたイラストを彫刻しました。

4隅に空けた穴にヒモを通して完成です。

関連記事

コメントは利用できません。
お問い合わせ 用途別機種選択 レーザーレンタル 加工受託サービス オープンラボ 安心アフターサポート 商材カタログ ※商材の詳細はお問い合わせ下さい。 資金調達 やさしいレーザー講座 ※ユーザーページは認証が必要です。