レーザー加工機ドットコムBLOG

laserbox体験記⑫「紙で箱を作る」

こんにちは。
絵本作家・イラストレーターのU-sukeです。

laserbox体験記の第12弾です。
今回は紙を加工して箱を作ってみました。

「Templatemaker」というサイトをご存じですか?
https://www.templatemaker.nl/ja/

このサイト、とても便利です。
いろいろな形の箱や封筒のデータを自分でネット上でサイズを調整してダウンロードするもので、
拡張子もDXFからPDF、JPEGなど選ぶことができます。

今回は、PDFでダウンロードしたデータを
laserboxのソフトで開きます。

開いたデータのうち、折線のみをクリックして、彫刻データにします。
そのデータを普通紙0mmに設定してパラメータを自分で調整します。(紙を切るときはパワーを抑えれば焦げはつきません)


色厚紙を入れてlaserboxのスイッチを押します。
出来上がった紙を彫刻された線に合わせてまげてノリで貼れば完成です。

たとえば、自分で紙に絵を描いたプリントして、それをカットして箱を作ることもできます。

子どもたちと一緒にオリジナルの箱を作ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメントは利用できません。
お問い合わせ 用途別機種選択 レーザーレンタル 加工受託サービス オープンラボ 安心アフターサポート 商材カタログ ※商材の詳細はお問い合わせ下さい。 資金調達 やさしいレーザー講座 ※ユーザーページは認証が必要です。