レーザー加工機ドットコムBLOG

ファイバーレーザーでアクリルへ彫刻!

こんにちは

 

LDF 保知戸です。

 

以前、ファイバーレーザーによる真鍮、銅素材への加工を紹介しましたが、

今回はアクリルへの加工をご紹介させて頂きます。

 

CO2レーザーの場合、アクリルであれば削ってマーキングすることができますが、

ファイバー(YAG)レーザーの場合は、発色させてくっきりと写す事が可能です。

 

実際に加工してみました。

 

 

また、CO2レーザーでは溶けてしまい、彫刻不可能な樹脂も、

ファイバー(YAG)レーザーではアクリル同様に発色させることが可能です。(素材によっては発色しない樹脂もあります)

過去のブログRMI YAGレーザー 樹脂への効力は!?から引用

 

YAGレーザー(UM-1)での写真彫刻例

素材はアクリル

 

ただし、透明なアクリルでは、CO2レーザーでは彫刻が出来るのに対し、

ファイバーレーザーでは透過してしまい、加工できないので注意が必要です。

 

 

実際にサンプルを用意してありますので、見てみたい等ご要望がございましたらお気軽にご連絡下さい。

今回使ったレーザーはコチラ!

RMI UM-2

 

CO2レーザーは勿論のこと、ファイバーレーザーに関するお問い合わせは

下記までお気軽にお尋ね下さい。

LDF 保知戸

hochito@ldfbz.jp

042-665-2730

 

関連記事

コメントは利用できません。
用途別機種選択 オープンラボサイドバー 加工受託サービス レーザーレンタル

資金調達 やさしいレーザー講座 ※ユーザーページは認証が必要です。
お問い合わせ 安心サポート 商材カタログ ※商材の価格などの詳細についてはお問い合わせ下さい。→こちら

レーザー加工機ラインナップ

レーザー加工機について

安心アフターサポート

会社概要