レーザー加工機ドットコムBLOG

LDF/FDA×拓大デザイン学科「ものづくりを通じてレーザー加工機の使い方を学ぶ」

11月8日から拓殖大学工学部デザイン学科の2年生を対象としたアルバレスハイメ准教授と(株)LDF/FDAとの共同演習(プロダクトデザインⅡ)がオンデマンドおよび工場での対面授業で行われています。

今回のテーマは「ものづくりを通じてレーザー加工機の使い方を学ぶ」。1月17日まで毎週以下の5つの課題制作に取り組み、同時にレーザーの操作技術を学んでもらいます。

➀ネームプレート

➁コースター

➂はんこ

➃クリスマスオーナメント

➄グッズ

FDAの非常勤プロデューサーでイラストレーターのU-sukeも講師として参加し、adobe illustratorを使った加工データの作り方やレーザー操作方法を教えていきます。
11月8日の演習ではネームプレート、15日はコースターを全員完成させました。

▲レーザー加工機で作った作品サンプルを説明。

▲ハイメ准教授からの課題説明。

▲デザイン制作中の学生。

▲学生全員がレーザー加工機(Epilog Mini)の操作方法を学ぶ。

▲学生たちのはじめてのレーザー体験によるネームプレートとコースター。まだ材料やレーザーの特性などをつかみ切れていないので、これから課題を通じてどんどん上達していくことでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。
お問い合わせ 用途別機種選択 レーザーレンタル 加工受託サービス オープンラボ 安心アフターサポート 商材カタログ ※商材の詳細はお問い合わせ下さい。 資金調達 やさしいレーザー講座 ※ユーザーページは認証が必要です。