レーザー加工機ドットコムBLOG

「アトリエON」奮闘記

1 年前に発見した東京・東大和市街角の築半世紀の 2 階建ボロ借家。

FDA の会員・フェローでわたくしたちの仲間の小原典子さんが SNS でみつけました(小原さんはアートクリエイター兼学校の美術の先生で、海外でも創作活動しています)
最初に小原さんと一緒にそのボロ屋を覗いてみると、1 階は「前は畳屋さんの作業場だった」とのことで、いかにもそうでしたとの雰囲気(作業場8畳+台所 4.5 畳程度の広さ)。間違ってもキッチンなどのカタカナは使えません ^^) _旦~~


古家独特のカビ臭には辟易”(-“”-)”
でも、駅徒歩 5 分でバス通りに面していること、そして何よりも、広さの割には超格安の家賃に加えて、好きなように色を塗るなり、改造するなりしてもいいという条件で、「アトリエONの工房」兼、「LDFの商材置き場」ということで不動産賃貸契約締結することに。

借りるのは借りたけれど、さすが、半世紀前にできたボロ屋、どのようにリフォームししようかと茫然とすることもありましたが、「お金をかけるのであれば誰でもできるよね」、「きれいになったときの喜びが大きいね」etc 、自分勝手な解釈で、挫けそうな気持を励ましあいながら、1 年をかけて寸暇を見つけてはコツコツ、やっと今日で、最低限度のリフォームが終わりました。
「やっとアトリエらしくなったね(^^♪」と、カップヌードルとお茶で乾杯!!

不動産屋さん2x4の材料有難う(^_-)-☆保知戸君、吉田君ご苦労様。
*皆さん気が付きましたか?吉田君が 4 月にテレビ朝日の「なんでも陳百景」に出演しました。
雨宮さんアドバイスありがとう(^^♪(引き違い戸もなんとかスムースに動くようになりました)
小原さんの教え子さんご苦労様でした!

さあ、いくつかの奮戦ショットを紹介しましょう。


☆レーザーカッターコーナー☆
アトリエのキーとなるレーザーカッター EPILOG Zing16 40W と集塵脱臭装置が鎮座。壁の左手には手作りホワイトボード(壁とボードの境には廻り縁をつけてみました)。コンセントも新しいものに取り替え。天袋にはこれも手作りロールブラインド(後日、すだれ巻き上げ器で開け閉めする予定)手前は手作り作業台ですが作業台の上には何やらクッキングプレートが・・・!?


Before


施工中(吉田君も奮闘)


After
☆2 階和室を洋室(小原さん仮眠室?)に☆
在庫のスタイロフォームを敷き詰め、床板を張った後に、クッションフロアで仕上げ。


☆道具コーナー☆
天袋の底板は取り外して開放的になりました(^^♪ スポット照明も。
「パンチングボードに軽道具をひっかけて美しく整理したい」小原さんの小さな夢を実現しました(^^♪
ちなみに、古びた化粧合板の壁面は、全面、9 ㎜下地材でしっかり下張りをし、珪藻土で上塗りをしました(材料が足りなくなって一部、薄塗りになってしまいました
(-“”-)”



☆自慢の折りたたみカウンター☆
上の写真の折り畳み式カウンターは、ホームセンターで木を購入してカットしてもらい組み立てたもの。小原さんご自慢の天板で、ヒノキのムク材でいい香りがします(^^♪
台所に設置してありますが、スペースの関係もあり、普段は折りたたみ、広く使いたいときには補助天板をカチャッと上げられるようになっています(カウンターの下は収納スペース)。

このカウンターも、いろいろと苦心しながらコシラエてあります。
補助カウンターを広げたときに安定するように足を追加したり、折りたたみ金具の開閉を簡単にできるように筋交いの金具を流用したり etc(^^♪

シロウトながら「大工さんでもメシを食えるね」とか、「Fab スナックのママをやろうか」だの、すきなことを言いながらの 1 年がかりのリフォーム奮闘でした。

ちなみに、ここをベースにして学校の生徒たちと美術や情報のリモート授業をし、生徒のデザインをオンデマンドでレーザー加工して見せてあげたいと小原先生。
ちなみに、「アトリエON」の表札の取り付けとお披露目は、リフォームの仕上げが終わってコロナ騒動が落ち着くころになりそうです。

小原さんにはこれからゲストとしてブログに登場してもらい、いろいろな創作作品や活動の紹介をしていただけることになっています。ご期待ください(^^♪

byNATSUYAMA

関連記事

コメントは利用できません。
お問い合わせ 用途別機種選択 レーザーレンタル 加工受託サービス オープンラボ 安心アフターサポート 商材カタログ ※商材の詳細はお問い合わせ下さい。 資金調達 やさしいレーザー講座 ※ユーザーページは認証が必要です。