LSFD-series

【加工例】

1980年代から電子・精密部品等様々な産業分野において使われ始めたレーザーマーカー。
当初はYAGレーザーが主流でしたが、今日ではマーキング性能のみならずメンテナンス・ランニングコストが飛躍的に改善された
ファイバーレーザーが使用されるようになりました。

■メンテナンスフリーでハイコストパフォーマンス
■ステンレス、真鍮、超硬、シルバー等多くの金属や樹脂マーキングに威力を発揮
■20Wから100Wまで、ご予算や目的に応じて多くの機種をご用意
■コンピュータを始め、現場でのレーザーマーキングに要求される周辺機器がセットされたハーフキャビネットタイプ

機器仕様
項 目 仕 様
型番 LSF20D LSF30D LSF50D LSF100D
発振波長 1064nm
レーザー平均出力 20W 30W 50W 100W
パルス繰り返し周波数 30-60kHz 50-100kHz 20-100kHz
平均レーザー出力安定度 <3%rms
160mm f-Θレンズ
ビーム集光径
マーキング範囲


110 x 110 mm
100mm f-Θレンズ
ビーム集光径
マーキング範囲
(オプション)


70 x 70 mm
210mm f-Θレンズ
ビーム集光径
マーキング範囲
(オプション)


145 x 145 mm
254mm f-Θレンズ
ビーム集光径
マーキング範囲
(オプション)


170 x 170 mm
最⼩線幅
最⼩⽂字⾼さ
スキャニングスピード 7000mm/s (160mmfθレンズ)
冷却方式 空冷
本体サイズ LxWxH 820mm x 640mm x 1500mm
電源 1.0kw / AC220V / 50Hz
重量(ケーブルを含む) 145kg
オペレーション環境 温度0~40°C 湿度<85%
備考 入力・コントロール用コンピュータを含みます
レーザー講座 ※ユーザーページは認証が必要です。