用途別 機種選定

「加工したいものがあるが、どのようなレーザー加工機が適しているかわからない」
そのようなご要望にお応えして、加工目的や用途に合わせて最適なレーザーをお選びいただけるページをつくりました。

加工方法


マーキング/彫刻

木、アクリル、ゴム、MDF、ガラス etc.
主に25W~120WのCO2レーザーです。
レーザー出力が高いほど単位時間当たり深く彫刻することができます。
レーザービームのスキャニング方式はインクジェットプリンタのようなXY駆動で、
ガルバノスキャニング方式と比べると加工スピードは遅いですが、
幅広いエリアを一括でマーキング/彫刻することが可能です。
※こちらのレーザーは木、アクリル、ゴム、MDF等をカッティングできますが、ガラス
はカッティングできません。

金属、樹脂 etc.
主に20W~100Wのファイバーレーザーで、様々な金属や樹脂をマーキングすることができます
(彫刻することはできません)。
*彫刻は「彫る」加工法ですが、マーキングは彫刻に比べて「浅く加工」または発色させることです。

平面へのマーキングだけでなく加工材料の形状に合わせて3Dレーザーマーキングが可能
な機種もあります。

カッティング

ステンレス、アルミ、真鍮、炭素鋼、チタン、非鉄金属
主に数百ワット~KWのファイバーレーザーで、
1KW以上の出力では、厚さ数mm の鉄板を切り抜くことも可能です。
※Smart LaserXLはCO2レーザーで、1mm以下のステンレスや鉄等をカットすることがで
きますが、カット端面は仕上げが必要な場合があります。
※これらのレーザー加工機はカッティング専用で、マーキング/彫刻はできません。

木、アクリル、ゴム、MDF、布、紙、etc.
主に20W~120WのCO2レーザーです。
レーザー出力が高いほど、より厚い素材をより早くカッティングすることができます。
レーザービームのスキャニング方式は一筆書きです。
※こちらのレーザーは彫刻とカットが可能です。

微細加工

銅、シリコン、ガラスエポキシ、ポリカ、PCB、金 etc.
非熱加工で、金属や樹脂の高発色、微細加工を可能にします。
加工材料の形状に合わせて3Dレーザーマーキングが可能な機種もあります。
※より短波長、短パルスのピコやフェムトレーザーや
観察光学系等を有する特注レーザー加工システムは、
弊社のパートナーとの連携で設計・開発し、お客様のニーズにお応えすることも可能です。

用途別機種選択 オープンラボサイドバー 加工受託サービス レーザーレンタル

資金調達 やさしいレーザー講座 ※ユーザーページは認証が必要です。